一般社団法人 日本広告物施工管理協会 ロゴ

日本お問い合わせボタン
メニュー

実技講習の詳しい内容を追記しました。

2016/06/08

実技講習は下記の内容になります。

内容(予定)
※教習の都合により、多少、時間の変動があります。
■午前:座学
■午後:実技
実技講習の内容
新作のコンクリートの壁に、撤去した古看板の実物を再取り付けしたものを教材にします。
協会が推奨する検査機器を使用して学びます。
1.[目視]  実物看板にて判定(目のキャリブレーション)
2.[内視鏡] 5M伸縮ポールを使用して看板を目視
3.[腐食]  超音波厚さ計を使用して測定
4.[き裂]  浸透探傷試験、磁粉探傷試験のみ
5.[締付け] トルクレンチを使用して締付け
6.[アンカー]引張試験
7.[通電]  検電器とテスターの使い方
8.[塗装]  膜厚計で塗膜測定
9.[強度]  コンクリートテストハンマーの使用
10.[配筋]  実物のコンクリートを使用して鉄筋の探査
11.[赤外線] 赤外線による温度確認

 

日程、会場、お申し込みにつきましてはこちらのページを参照ください。

http://www.jacma.jp/apply2/

Page Top